本来の自分を知ることのできる霊感占い|スピリチュアルマスター

なにもかもお見通し霊感占い
正座の描かれた石

歴史がある

占いというものは大昔に中国から伝わってきたものであり、弥生時代に伝来した太占というものが最初だといわれています。当時はまだ霊感占いやタロットのような方法はなく、単純な方法で行われていました。
当時の占いは動物の骨を砕き、その形によって運勢を判断していたといわれています。
現在の占いはあくまでも参考であり、事実や未来予想ではありません。しかし、昔の占いは非常に信頼できるものであり、当時は国の行く末を決めるような重要な場面にも利用されていたといわれています。

太占いから始まった占いはだんだんと進化し、平安時代には今でも量されている算木や筮竹を利用した占いが登場します。平安時代には今の霊感占いに近いものを感じる陰陽師というものが生まれます。
一番有名な陰陽師は安倍晴明であり、現在でもその歴史は神社仏閣などに残されています。
今ある占いは様々な情報を統合し、統計学的に内容を判断しているものが殆どです。しかし、霊感占いはそうではなく、純粋に占い師の霊能力に頼った形で行われています。ですから、当たる人と当たらない人は明確にわかるようになっています。
1度でも占って貰えば、その占い師が本当に能力があるのかないのかはすぐに分かります。
信頼できる人に占って貰うのが最も効果的ですから、自分と相性の良い人がみつかるまで様々な占い師をはしごするのも有効手段です。

ネット上でできるもの、テレビ電話を利用するもの、直接あって霊視をしてもらうものと霊感占いでもやり方は様々となっています。

Copyright(c) 2015 本来の自分を知ることのできる霊感占い|スピリチュアルマスター. All Rights Reserved. Design by